FC2ブログ

プロフィール

あかね

Author:あかね
aikoが大好きな学生です♪
更新は至ってマイペース。
全然日記書いてなくても、ブログ辞める気はさらさら無いのでヌルく見守ってくださいね。
バイトにサークルに、大学生活を楽しんでます!!

毎日少しつづでも成長していきたいな。
周りの人を大切に出来る人になる!
笑顔を忘れない☆
物事を客観的に、冷静に捉えて適切な行動が出来るようになりたい。
忙しさ=楽しさ だと最近実感しています。
暇な時間も好きだけど♪


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の家では犬を飼ってます。
私が小さい頃から一緒にいて、家族の様に、姉妹の様に暮らしてきました。
だから「犬のいない生活」というものが想像できません。

私はもうすぐ20歳になります。
飼ってる犬も20年近く生きていることになります。
私はまだこれからも生きてゆけますが、犬はそろそろ天国へ向かう歳です。

学校で友達にいじわるされた時
親に怒られたとき
お姉ちゃんにいじめられた時
鍵を忘れて家に入れない時

小さい頃はそんな時には、いつも犬小屋へ向かって犬と一緒にいました。
内気で弱虫な私はいつも犬の前で泣いてました。

中学生、高校生、そして大学生になった今でも犬は私の話を聞いてくれます。
家族には悲しい思いをしている事を気づかれたくなかったから
学校から帰って来てまず犬小屋へ向かい、犬を撫でてました。
そして心が落ち着いたらいつもの様に『ただいま』と家に入ります。

高3の時、受験が不安で怖くてしょうがない時も犬と一緒にいました。
私の目をじっと見つめて、尻尾を振ってくれます。
何度も何度も頭を撫でて、不安を取り除いてました。

受験が終わってはじめたバイトが本当にキツくて嫌で泣きそうになりながら帰って来た時も
家に入る前に犬を抱きしめて、こそこそと話を聞いてもらって
なんとかやって行けたのです。
家族には自分の弱ったところを見られたくない!
だけど犬には甘えて、涙を舐めて貰っていました。

犬に甘えるという事は、今現在も続いています。
帰って来て家に入る前に、10分位一緒に過ごして心を落ち着けるんです。
でもそんなこと出来るのはもう少しだけです。
いくら長生きでも、必ず犬は人よりも先に死んでしまうのです。
だから私は犬が居なくなってもちゃんと生きていけるように、自分の力で立っていられるようにならなきゃいけない。

わかってるんだけど、やっぱり悲しい。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。